縮毛矯正ナビ - 美容院・自宅で失敗しないコツとは?TOP > 基礎知識A > ストレートパーマとの違い

ストレートパーマとの違い

 

髪の毛をまっすぐに直す方法として、縮毛矯正の他にストレートパーマという手法が挙げられます。

 

このストレートパーマとは、一般的なパーマの薬剤を使って髪の毛を固定させる方法を取るものです。

2剤を髪に付ける際、ロッドを髪に巻けばウェーブがついたパーマになりますが、髪の流れをまっすぐに固定させることでストレートヘアに仕上がる仕組みです。

 

その一方、縮毛矯正は通常のパーマとは違う薬液を使います。

 

パーマでは薬剤が髪を固定させますが、縮毛矯正は熱を加えることによって髪の毛を固定させる方法を取っています。

 

その熱を加える際に、高温のヘアアイロンを使ってまっすぐにクセ付けをしていくため、よりしっかりとしたストレートヘアを得ることができるわけです。

 

縮毛矯正によるストレートの持ちは半永久的です。

 

ただし、伸びた分だけリタッチをしていかなければなりません。

 

それから、ストレートパーマでは、髪の毛のキューティクルを破壊することなくまっすぐな髪をつくることができますが、縮毛矯正では髪の毛の折れや曲がりそのものをつぶしてしまいます。

 

薬剤の影響で髪へのダメージは両者とも強く受けてしまいますが、髪の毛の表面を溶かして高熱を加える分、縮毛矯正のダメージ度はより高くなっています。

 

逆にストレートパーマでは、髪質やクセの強さによってはストレートを実現させることができなかったというデメリットもあったりします。

 

価格を比較した場合では、縮毛矯正の方がストレートパーマの価格より高くついてしまうようです。

 

そのため、これら両者の違いやメリット等を十分考慮して、あなたに合った方法を選ぶようにしましょう。

 

基礎知識A記事一覧

ストレートパーマとの違い

髪の毛をまっすぐに直す方法として、縮毛矯正の他にストレートパーマという手法が挙げられます。このストレートパーマとは、一般的なパーマの薬剤を使って髪の毛を固定させる方法を取る...

デジタルパーマとの違い

デジタルパーマ(デジパ)とは、デジタルフリーというデジパ専用の機械を使ってパーマをかけていく手法です。発熱するロッドを髪に巻き込み、パーマ用の薬剤をかけて、熱プラス薬液の手...

妊娠中・出産後の場合

妊娠中・出産直後の縮毛矯正は、美容師によっては断られることもあります。と言っても、妊娠中だから薬液は禁忌ということは全くありません。ですが、施術に数時間単位での拘束...

男性の場合

男性も生まれつきのクセ毛に悩む方が多くいます。と言っても、女性であれば髪の毛の長さが適度にある状態で縮毛矯正を行うので、薬液も髪の毛全体にいきわたらせることができる上に、ア...