縮毛矯正ナビ - 美容院・自宅で失敗しないコツとは?TOP > 施術後のお手入れなど > 施術後の髪型について

施術後の髪型について

 

縮毛矯正を行った後は、髪の毛を結ぶとクセがついてしまうことがあるので、しばらく髪を結ぶ事は控えて薬液を落ち着かせることを優先させる必要があります。

 

ですが、縮毛矯正でストレートヘアを手に入れると、ヘアアレンジやヘアスタイルの広がりを手に入れることができるようになるので、しばらく我慢しましょう。

これまでクセ毛などでボリュームがあり過ぎて、アップヘアが上手にまとまらないという方もいたようですが、縮毛矯正を行えば夜会巻きコーム等を用いたまとまりのいいアップヘアも綺麗に決まります。

 

ロングヘアを保っている方は、美容師さんに髪が伸びてもしばらく持たせることができるようなヘアアレンジなどを教えてもらうと、施術までの期間を延ばすことができますね。

 

また、これまでショート〜ミディアムヘアができずにコンプレックスを感じていた方も、縮毛矯正後には顔の形や輪郭に合わせて思い切ってカットするというのも良いかもしれませんね。

 

ストレートヘアを上手に使って、毛先に重みとニュアンスを付けた前下がりボブや、ボリュームダウンを実現させたミディアムストレート等は、知性を感じるイメージも伝わりますよ。

 

長さを持たせたショートボブ等のヘアスタイルに挑戦してみるのも良いですね。

 

ただし、襟足を見せるショートヘア等はお勧めできません。

 

髪の毛が伸びると、刈り込んだ部分のクセが強く出てしまうことがあるからです。

 

その場合、もし自宅での整髪の際にヘアアイロン等を高温で使うと髪の毛を痛めてしまうので、できるだけ低温で優しく髪の毛を伸ばしてあげるようにして下さいね。

 

施術後のお手入れなど記事一覧

施術後の髪型について

縮毛矯正を行った後は、髪の毛を結ぶとクセがついてしまうことがあるので、しばらく髪を結ぶ事は控えて薬液を落ち着かせることを優先させる必要があります。ですが、縮毛矯正でストレー...

施術後のトリートメントについて

縮毛矯正を行った髪の毛は、薬剤による還元と酸化、熱によるダメージで髪の毛が傷んでしまっています。また、キューティクル等を完全に潰した状態になっているので、枝毛や切れ毛という...

ヘアカタログの活用法

縮毛矯正をかけたいけれど、風合いや仕上がりが想像できないために躊躇しているという方は多いのではないでしょうか。男性の方も、縮毛矯正をかけたらスタイリングが楽になるかどうか知...