NISAの口座を開設するとキャッシュバックが受けられる?キャンペーンの内容は?

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、限られた銘柄にしか投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、非課税期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAを利用する最大の理由は非課税期間があるからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAの口座開設キャンペーンを検討しているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAをどのように使うのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。また口座開設でキャンペーンを用意している証券会社もあります。

引用:http://www.kabuho.net/nisa%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3.html

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という非課税期間の期限がついている点です。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

キャンペーンがあってもNISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。