引っ越しすることでフレッツ光の契約を解約した時に注意することは?

引っ越しが原因でフレッツ光の契約を取りやめた時に気をつけておくことがあります。
一戸建て賃貸の場合、ネット使用のために宅内まで引っぱった回線をどれほどなら残しても問題は無いのかチェックがされていないといけません。
それが起きたことによって取り除くための費用が変わってくるからです。
引っ越した際に、アパートにもとから光回線が導入されていなかったため、契約した後で、工事をすることになってしまいました。
工事をしにきてくれた担当者は大変清潔感があり、説明もしっかりしていて会社に対しての評価も上向きになりました。
このプロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のプロバイダに変更したのですが、間違いだったと思っています。
確かに、価格はかなりサイフに優しい価格でした。
でも、頻繁にネット回線の調子が悪くなってしまったり、速度が低下したりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
安易にプロバイダを乗り換えてしまったなと、後悔がやってきました。
光回線にはセット割が設けられていることが結構あります。
そんなセット割というのは、光回線と携帯回線を両方同時に契約するというもので割引を受けることができるといったサービスです。
この分野では、これ以降キャリア大手による競争の激化が見越されております。